稲川芸術祭

inagawa-art-festival vol.1

感動!共感!

障がいを持つパラアーティストの絵画作品を大募集!
未来の地球のために   誰一人取り残さない世界へ

2022年度の募集を開始致します。
​ご応募、お待ちしております!

おばけアートパネル展
​ 開催決定!

      新宿髙島屋2
​F JR口特設会場にて(入場無料)                    2022年8月9日~8月14日10時30分~18時00分
※台風8号の接近にともない8月12日にてパネル展終了と致します。
TOPセンター.jpg
 
アクリル絵の具

参加者募集

応募締め切り:

2022年9月30日消印有効

精神、知的、身体、ハンディを背負いながらも、同じ地球に生まれた人間として、日々一生懸命、生活を営む障害を持つパラアーティストの皆様から、自由な発想で作品を募集します。本年度の募集テーマは、「たのしい!おばけ、ゆかいな!おばけ」。応募作品は「稲川オンライン美術館」にて随時紹介。参加者には、稲川淳二さん監修のすべての参加作品が掲載されました絵画集を参加者全員にプレゼント致します。参加作品の中から、最優秀作品に選ばれた作品に関しては『稲川賞,アワード2022』授与されます。『稲川賞,アワード2022』授与したアーティストには、稲川さんからプロゴルフツアー・マスターズばりの“グリーン・チャンチャンコ”が贈呈!栄誉を祝福します。近い将来、毎年発行を続ける絵画集は国立国会図書館への寄贈により障害者アーティストのレガシーを日本の文化的資産として永久的に保存、後世に伝えて参ります。絵画集『稲川賞,アワード2022』授与したアート作品が国内、海外のメジャープロダクトのデザインへ採用になるよう今後、各国内企業に積極的に働きかけて参ります。

続きを読む

Obake2.jpg

​​募集要領

募集対象者:
団体応募:日本国内の障害者施設に居住、通所する障害者手帳、療育手帳を保有する障害者(精神,知的,身体)

個人応募:日本国内の障害者者手帳、療育手帳を保有する障害者(精神、知的、身体)
募集期間:
令和4年7月1日~令和4年9月30日まで


応募方法:
提出する作品の裏面に「団体名(個人の方は必要なし)」「作者の本名(ふりがなも記入)」「題名」を
必ず記入の上、
令和4年9月30日までに事務局へ郵送にて提出する事。(9月30日の消印まで有効)
※HPトップにあります「団体応募はこちら」もしくは「個人応募はこちら」のどちらかのボダンを押して頂いて、
 必要事項をご記入の上、送信して下さい。(送信後、記入ミスがあった場合は、再度、記入の上、送信して下さい)
※個人参加の方は、障害者手帳もしくは療育手帳の顔写真のあるページをコピーの上、
 参加作品と一緒にコピーした紙を同封して郵送する事。
事務局(応募作品郵送先):
〒290-0062 千葉県市原市八幡1627-2

 TEL : 050-6868-9943 FAX:050-6868-4868 メール: inagawa-artes@ayumi55.com
一般社団法人あゆみ/うみがめホーム八幡3号館内『稲川芸術祭』事務局あて。

応募様式:
(1)テーマは「たのしい!おばけ ゆかいな!おばけ」


(2)  B4サイズの画用紙を使用。絵具、クレヨン、色鉛筆、パソコンなどにより描いたもの。

(3)作品の裏面に『団体名(個人の方は必要なし)』『作者の本名(ふりがな)』『題名』を必ず記入する。

(4)応募作品は1人1作品とする。

(5)優秀作品選考会を開催し、以下の賞を決定する。
       『稲川賞,アワード2021』1名 他『敢闘賞』『技能賞』『殊勲賞』
   『クラウドファンディング賞(本年度より新設)』を授与する。


(6)受賞者には、賞状と記念品を贈呈する。
        2022年11月中に受賞者発表/表彰式を実施予定 

(7)応募全作品掲載した絵画集を作成し、参加者全員に贈呈する。なお絵画集には応募者の
        氏名・所属・及び絵画の題名を掲載する。承諾の上、申し込むこと。
    ※絵画集の贈呈は令和5年3月末までにご郵送にてお送りさせて頂く予定です。


(8)作品は令和5年3月末までに、応募事業者に返却致します。
 
​  (9) 絵画集は応募者様への贈呈の他、本年から開催される『稲川芸術祭』のクラウファンディングにおいて、
   リターンの品として絵画集が支援者に提供される事、『稲川芸術祭』のプロモーション目的で広く配布される
   事、そして国会図書館寄贈目的の為、絵画集の販売物を制作された場合、その販売物の絵画集に
   応募作品が掲載さる事に対して対価を求める事はできない事を承知の上、申し込むこと。


(10)本作品の著作権は広報媒体、広報目的のWEB、広報目的のイベント掲示、
    絵画集の掲載に限り、稲川芸術祭事務局が有する。
  (絵画集のみ氏名・所属及び絵画の題名を掲載し、他の広報目的の使用に関して氏名・所属は掲載しない)

 
DSCF1947.JPG

​稲川淳二さんからの
メッセージ

​​みなさんの
たのしい!おばけ、ゆかいな!おばけ
どんな絵に出会えるのか楽しみにしています!
どし、どし、ご応募下さいね!

​​自由に!

楽しく!

​面白く!

あなたの大好きな”おばけ”を描いてみましょう。

 

稲 川 淳 二
Junji Inagawa

ARTIST PROFILE

1947年8月21日 東京都渋谷区恵比寿生まれ。現在74歳。株式会社ユニJオフィース所属。桑沢デザイン研究所を経て工業デザイナーとして活動し、過去には専門学校や短期大学にて立体構造の講師として教鞭をとる。平成八年度には、個人でデザインを手がけた「車どめ」が、当時の通産省選定のグッドデザイン賞を受賞。元祖リアクション芸人として、そして怖い話を得意とするタレントとして茶の間を賑わせていた46歳の年に怪談ライブを始め、その反響の大きさに感銘を受け、残りの人生を怪談家として没頭することを決意する。自身の怪談を愛してくれる多くのファンの方々に失礼の無いようにと、怪談を探求することを第一に考え、55歳の全盛期に周囲の反対を押し切り、あらゆるレギュラー番組やドラマ出演から降板した。2012年、"MYSTERY NIGHT TOUR 稲川淳二の怪談ナイト"の20年連続公演の偉業が認められ、八月十三日が「怪談の日」として制定された。また、昨今は怪談家としての活動のみならず、障害者の子供を持つ親の見地からバリアフリーや人権がテーマの講演会にも精力的に参加をしている。

稲 川 淳 二の怪談ナイト
30年連続公演、2022年全国50公演開催決定!通算公演回数911公演,観客動員数63万人,公演で語られた怪談480話

稲川淳二の怪談ナイト
http://www.inagawa-kaidan.com/

稲川淳二オフィシャルサイト
https://j-inagawa.com/

202100_main.JPG
 

お問い合わせ

〒102-0084 東京都千代田区二番町5番地2 麹町駅プラザ901
 一般社団法人あゆみ文化芸術振興会 稲川芸術祭事務局

​ ※こちらの住所は応募作品の郵送先ではありません。

​TEL:050-6868-9943 

FAX:050-6868-4868 

eメール  

inagawa-artfes@ayumi55.com

送信が完了しました。

 
★275-01
★DSCF0567
★DSCF0595
★DSCF0550
★DSCF0547
★DSCF0552
★DSCF0558
★DSCF0556
★DSCF0600
DSCF1370
★DSCF0567
★DSCF0561
★DSCF0565
★DSCF0571
★DSCF0559
★DSCF0574
★DSCF0577
★DSCF0579
★DSCF0583
★DSCF0585
★DSCF0592
★DSCF0601
★DSCF0587
​稲川芸術祭オンライン美術館(2021年応募作品より)

稲川芸術祭2021受賞作品発表
​稲川賞award2021
『ゆかいな百鬼夜行』
岐阜県・男性

ゆかいな百鬼夜行.jpg

 敢闘賞 
『ネコのおばけ』
山口県・男性

ねこのおばけ.jpg

技能賞
『魔界の仮面』
千葉県・男性

魔界の仮面.jpg

 殊勲賞 
『ゴシュジンサマのお墓』
長野県・女性

ゴシュジンサマのお墓.jpg